葬儀の喪主を決める

葬儀に向けてやるべき事としては、なんといっても喪主を決める事が大切です。喪主がいなくては葬儀を取り仕切ることができなくなりますので、通夜が始まる前までに喪主を決めておくことが必要になります。

喪主は必ずしも家族から選ぶ必要はありません。法事なども含めて長期にわたって故人の霊を慰めていくことができる人を喪主にしなくてはなりませんので、その点を踏まえて選ぶ必要があります。場合によっては故人とつながりの深かった知人を喪主に選任するということもすすめです。喪主は葬式においては非常にタフな精神力が要求されますので、その点も十分に考慮に入れておくことが必要になってきます。

葬儀に向けてやるべき事としては喪主を選ぶことも必要ですが、それに加えて施主を決めることもしなくてはなりません。施主は喪主と同じものであると考えられている事もありますが、全く違う役割分担をすることになりますので、喪主と施主は別々の人であるべきであると言えます。施主は葬式においては、まさに黒子のような役割をすることが求められてきます。強力なリーダーシップを要求される局面もありますし、一方で周到な根回しの才が必要になる場合も出て来ます。したがって喪主以上に施主を選ぶことに慎重であることが要求されてきます。職場などで多くの人を取りまとめる仕事をつねにしている方や町内会のまとめ役をしているような方が特に施主には最適であることが多いので、喪主と同様に、必ずしも家族から施主を選ぶ必要はありません。